自家製酵母でパンを焼いています。
by manapandiary
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
水分と粉
f0205502_19234812.jpg



こんばんは、minminです。
最近水分量を増やすことによって、好みの食感のカンパが焼けるようになりました。
特に【甘夏カンパ】はカットした瞬間、口に入れる前からその違いを感じられるほど。
キターーーー!!!と思いました。

どっちりカンパは大好き。
でも自家製甘夏ジャムを練りこんだこのカンパは少し優しい食感を出したかったのです。
ジャム自体にも水分が多く含まれていますし、そこから更に普段のカンパより加水してます。
当然扱いづらいのなんのって。
こないだのリュスティックじゃないですけど、最初の試作時はまさにそんな感じ。
少しづつ水を調整して、それでも籠から出す時にくっつき気味に。
この辺がもう少し改良しなきゃいけない点なのですが。

Manapanオープンの時にこの【甘夏カンパ】を並べられるといいなーと
念じながら、レシピの見直しをしているところです。

今回初めていつもと違う粉を使ってみました。
粉が変わるとこうも違うのか...と思い知らされた仕上がり。
わたしの好みの粉でした。
色々な粉を使い比べてみるのも楽しいですね。
f0205502_19351387.jpg
私個人的な好みですが。
どっちりカンパは佐渡バター、甘夏カンパは水切りヨーグルトが合うと思います。

この断面写真から少し柔らかめな食感を感じていただけますか?
[PR]
by manapandiary | 2009-05-12 19:40 | パン
<< 黒糖バナナブレッド 着々と >>