自家製酵母でパンを焼いています。
by manapandiary
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コウボサマ
こんばんは、にゃほです。
終わってしまいましたね、シルバーウィーク。
今日は日曜日じゃないけど、なんだかサザエさんのエンディングテーマな気分です。。。

さてさて、あっという間に今度に日曜日はManapan⑦ですよ。
今日は、これがなくてはManapanが成り立たない!
酵母様たちの様子をご紹介しまーす。
f0205502_18315794.jpgf0205502_18321683.jpgf0205502_18325412.jpg

左から、酒粕酵母、レーズン酵母、サワー種。
酒粕さまとレーズンさまは、水に入れて、ときどき空気を入れつつ振りながら
待つこと3~4日。
ブクブクしていて、プシューとした香りがしてきたら発酵完了のサインです。
(レーズンの場合は最初沈んでいたのが全部浮きあがると、ブクブクしてくるのでわかりやすいです)
この液と粉と合わせて時間をかけてかけ継ぎ、パンの種になります。

サワー種は、ライ麦粉とヨーグルトを合わせて、↑で、すでに種の状態。
ライ麦プラスとライ麦あんぱんに使ってます。

酵母様の生育と共にワタシの気合もあがってくる、毎回そんなルーティンでやってます。

よし、張り切っていきますよ!

Manapan⑦は、9月27日 日曜日 11:00開店です!
[PR]
by manapandiary | 2009-09-23 18:52 | パン
<< 欠かせないもののひとつ。 幸せのお手伝い >>