自家製酵母でパンを焼いています。
by manapandiary
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今年はこれでいきます!
こんばんは、にゃほです。
またまた大寒波がやってきましたね。
昨年末とは違い今回のは「山雪型」のようですが、新潟市内も雪は積もってはいないものの、
道路はツルッツル、かなり冷え込んでます。
大雪の年には、大概1度はすっ転ぶ私ですが、そういえば今年はまだ転んでません。
青あざ、切り傷、やけど痕…… 
皮膚の再生が鈍いお年頃になってきたので、この冬はどうにか転ばずに過ごしたいです。

f0205502_20244734.jpgさて、新年に入って酒粕を仕入れました。酵母を起こすために、メインとして使っている食材です。12月に入ると、酒処新潟ではスーパーでも普通に酒粕が並び始めます。八海山をよく見かけるかな。

私はやはり地元銘柄にこだわりたくて、昨年は「越の寒梅」を酒屋さんで購入し使っていました。今年もまた、と思っていたのですが、入手するタイミングが合わなかったので、
今回はちょっと南下し「雪中梅」を入手しました。上越市の銘酒です。
酵母の発酵を促すには、「糖分」が大きく作用します。
もともと起こしやすい酒粕酵母ですが、甘口のこの銘柄なら、
さらに元気に育ってくれるんじゃないかな、と勝手な想像で。期待大です。

もうひとつは「千代の光」。こちらは妙高のお酒です。
一度だけ飲んだことがあって、とってもスッキリとして飲みやすく、
おいしいお酒だったので、こちらは興味本位で購入。
(注:利き酒師のようになってきましたが、日本酒はそんなに詳しくありません^^;)

実際、パンになった段階では、銘柄どころか、酒粕かどうかさえほとんどわからなくなるのが
実情ですが、こういうのを「こだわり」っていうんでしょうかね(笑) 
せっかく時間をかけて作る天然酵母パンなので、
素材に対する小さなこだわりは大切にしたいな、と思っているのです。
[PR]
by manapandiary | 2010-01-14 20:41 | あれこれ
<< 今年一発目の気まぐれパン 今年もよろしくお願いします >>