自家製酵母でパンを焼いています。
by manapandiary
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
新☆ライ麦あんぱん
こんばんは、にゃほです。
気付けばもう1月が終わりますね。早いなぁ~~

さて、毎度おなじみのレギュラーメニュー、ライ麦あんぱん。
前回からマイナーチェンジさせていただきました。

f0205502_1917892.jpgまずはわかりやすいところで、餡子。
今までは毎回小豆を炊き、手作りしていましたが、やはりどうしてもブレがでます。ワタクシ、餡子までは極められませんでした。モウシワケゴザイマセン。
というわけで、今年から買った餡子を使うことに決めました。甘さ控えめの上品な餡子です。「Manapanのあんぱん、毎回餡子の出来がちがうよね、、、」と思っていた方(笑)、今度は毎回同じはずです。良かったらまたお手にとってみてくださいませ^^

そして酵母。
今までのパン生地には、ライ麦粉とヨーグルトで起こす「ライサワー種」を使っていました。
実はこのライサワー種、今年は見直してみようと思っていまして、しばらくお休みします。というわけで、今後しばらくは酒粕酵母を使っていくことにします。
試作の段階では、せっかく酒粕酵母をつかったあんぱんにするのならと、酒まんじゅうのようにお酒の香りが残るようにしてみたのですが、周りの評価がイマイチだったので普通にしました(^^;ライサワー種のときよりも若干、フカッとした生地になってると思うのですが、気付いた方がいらっしゃったでしょうか・・・・。


今までも少しづつ変化を繰り返し、手間ヒマかかるライ麦あんぱん子ちゃん。
たとえ売れ残ったとしても、なぜかメニューから外せないんですよね。
手間がかかる子ほどかわいい、というのはこいうことなんでしょうか。。。。。
[PR]
by manapandiary | 2010-01-30 20:31 | パン
<< 最近好調です☆フォカッチャ 雑穀カンパでサンドイッチの巻 >>